FC2ブログ

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
append.gif このエントリーを含むはてなブックマーク | delicious.gif

-件のコメント

[C151]

「海水浴客向けではなく、海という環境を楽しむための海の家」、これは大きな間違いでしょう。なぜ、海で深夜まで酒をのみライブをやるのが海の環境を楽しむ海の家なのか?
夏の夜にはいろいろ生命の活動があるのに、海の環境を壊しているのは「海という環境を楽しむための海の家」ではないのか?
別に、山でもどこでも仮設の建物が安く建てられれば、海である必要は「海という環境を楽しむための海の家」には無いと思う。
  • 2008-08-18
  • 投稿者 : 葉山生活環境を守る住民の会会員
  • URL
  • 編集

[C152]

沖縄・バリ・ハワイ・カリフォルニア・・・どこかの場所に似たところにする必要があるのでしょうか。
都内から葉山に戻ってくると、昔はホッとしました。
今は何だか一年中町全体がソワソワ・ザワザワしているかんじがします。

高額納税者や一流のアーティスト達が葉山から引越していく今、そのうち御用邸も無くなる日が来るのでしょうか。

葉山から何かを発信しようとしている方たちへ・・・
ここは日本であり、葉山町であることを忘れないでください。
  • 2008-08-19
  • 投稿者 : ユジュ
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

-件のトラックバック

トラックバックURL
http://ronten.blog38.fc2.com/tb.php/87-e523b8cd
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

出て行ってもらうしかない

最近何かと話題な毎日新聞(笑)の「特集ワイド:08年夏・大人の自由研究 海の家 探し物見つけた」にこんな記事がある。

夏の太陽がじりじりと照りつける。うだるような暑さ。こんなときは海に行こう。ひと泳ぎした後、海の家でかき氷を食べるのだ。「最近の海の家はすごい」と聞いて、久しぶりに行ってみた。故郷の湘南の海へ。

(中略)

分かる、分かる。心の中でうなずいた。私は江ノ電沿線で育った。湘南海岸はTUBEやサザンオールスターズのヒット曲の舞台。夏になると、近所の海岸は真っ黒に日焼けしたサーファーや超ビキニのお姉さんであふれた。10代だった私は気後れどころか、彼らが怖かった。秋になり海岸に誰もいなくなると、ほっとして言ったものだ。「チャラチャラした人の車はたいてい県外ナンバーじゃん。私たちはもっと質実剛健だよね」



ふむふむ。このへんは、わかるなあ。
この辺に住む、みんながみんな言うのだ。「早く夏が終わってくれないかなあ」って。
なぜかといえば、夏が終われば、大声を上げながら深夜歩き回る若者(バカモノ)見なくなれば、路地からものすごい勢いで飛び出してくる車、窓を開けてドスンドスンとなにをそんなにビートを聞かせるのかよくわからない車、歩きながらごみを捨てる毛糸の帽子の輩がなくなってくれる。
早く秋になってくれ、という気持ちは痛いほどわかるのだ。

筆者はその後海水浴場の衰退を分析する。

 ところが、海水浴客は1962(昭和37)年をピークに減少に転じる。レジャー白書によれば06年の海水浴客は約1850万人。カラオケの利用が4290万人、家庭でのテレビゲーム3010万人と比べると衰退ぶりがよく分かる。たちまち海の家も激減した。マイカーの普及と海外旅行も打撃になった。

 逆風のなか、湘南に新しいタイプの海の家が生まれた。海水浴客向けではなく、海という環境を楽しむための海の家だ



ちょっと待ってくれ。

あれは海という環境を楽しむというより、都合のいい部分だけを使う施設だ。
日本人が海外へ積極的に出るようになるようになり、海外、特にオセアニアや東南アジアなどのビーチリゾートに親しむようになって「海で飲むビールは気持ちいいなあ」というのがこの「海という環境を楽しむための海の家」ならそれは勘違いをしている。ここで紹介されている、畔柳という教授はいまだによくわかっていないようだ。自分の研究領域さえ進めばいいのか?その社会的問題性は斟酌しないのか。


海は万人に分け与えられるべきものである。

その中には、ビーチリゾート風なものもあることもあるだろう。でも一番最初にいったように、ここは葉山という「町」である。あなたたちが奇声を上げて行うライブをやっている店は、かの地のようなリゾートのプライベート空間ではなく、住宅地を背景にしている海水浴場ということをすっぽり落としている。それを助長しているのが、葉山インサイダー氏も指摘しているように国、県、町の無責任状態である。この状態を見抜いて、いわば法律の隙間を縫ってあざとく作り上げたのが、これらの深夜型の海の家のような居酒屋である。

正直に言えば、妥協点はない。このあいまいな管理を適正化して、より多くの人が海を楽しめるようにするために、今年も活動をしている。
葉山の人たちはおとなしい。こんな連中の夏の開放感のために小さくなっている必要はない。もっと声を上げるべきだ

ああ、早く夏が終わってくれないかなあ!

いやいや、そうではなくて

ああ、早くみんなが安全に楽しめる夏が来てくれないかなあ!

<追記>
盆踊りについてコメントしておく。

盆踊りはやりたい人がやればいいと思う。たとえ、子供をお菓子でつろうが、ショーンレノンが来ましたとかどーでもいいことである。盆踊りは地元に根付いて行われるものであり、本来たとえば太鼓を子供たちが交代でとんとことんとこたたいたり、おじさんたちが自慢ののどで音頭を歌ったりする声が聞こえてくるような、ほほえましいものであるはずだ。いいものだ。

決して、盆バンドなるよそ者を中心にした人たちがアンプを使って、生演奏の大音響でやるものではない。このバンドが出ている限りは、私はこれは盆踊りではなく、オアシスの、海の家の販促活動であると考えている。自分たちがなくならないための生存活動だ。

あと私は寄進者の名前の写真を毎年撮影して、分析しているが、ある法則性を感じている。これはそのうち披露しようと考えている。





スポンサーサイト
append.gif このエントリーを含むはてなブックマーク | delicious.gif

2件のコメント

[C151]

「海水浴客向けではなく、海という環境を楽しむための海の家」、これは大きな間違いでしょう。なぜ、海で深夜まで酒をのみライブをやるのが海の環境を楽しむ海の家なのか?
夏の夜にはいろいろ生命の活動があるのに、海の環境を壊しているのは「海という環境を楽しむための海の家」ではないのか?
別に、山でもどこでも仮設の建物が安く建てられれば、海である必要は「海という環境を楽しむための海の家」には無いと思う。
  • 2008-08-18
  • 投稿者 : 葉山生活環境を守る住民の会会員
  • URL
  • 編集

[C152]

沖縄・バリ・ハワイ・カリフォルニア・・・どこかの場所に似たところにする必要があるのでしょうか。
都内から葉山に戻ってくると、昔はホッとしました。
今は何だか一年中町全体がソワソワ・ザワザワしているかんじがします。

高額納税者や一流のアーティスト達が葉山から引越していく今、そのうち御用邸も無くなる日が来るのでしょうか。

葉山から何かを発信しようとしている方たちへ・・・
ここは日本であり、葉山町であることを忘れないでください。
  • 2008-08-19
  • 投稿者 : ユジュ
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://ronten.blog38.fc2.com/tb.php/87-e523b8cd
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Extra

プロフィール

かくさん

Author:かくさん
地元に住んで40年以上。最近いろいろ気になることが多く、ここでは地元の動きやおかしな事を書いています。

基本的にはノンポリなのですが、海の家の問題をきっかけに、葉山生活環境を守る会を立ち上げました。微力ではありますが、この問題に限らず、地元の生活環境を脅かす問題につっこんでいこうと思っています。ご連絡・ご相談は下記へお気軽にどうぞ。
tatsujik@gmail.com

最近の記事

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。