FC2ブログ

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
append.gif このエントリーを含むはてなブックマーク | delicious.gif

-件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

-件のトラックバック

トラックバックURL
http://ronten.blog38.fc2.com/tb.php/4-62275752
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

曲がり角に来ている葉山芸術祭(4)

さて、前回は神社の解釈でなかなか盛り上がりました(笑)が。もう少しおつきあい願いたいと思います。
葉山町に情報公開した葉山芸術祭事業実績報告書の内容が出てきました。いろいろなことがわかりました。

■実は葉山町が芸術祭の大スポンサー
さて、みんなから1万円の参加費をとっている芸術祭ですが、一番のスポンサーは葉山町自身ということを読み思わず目を疑いました。

去年の収支決算書を今回初めて入手しましたが、決算額301万円あまりのなかで葉山町の出資額は実に113万円でした。これは全体の収入の1/3以上です。この「手作りイベント」の財布は実は町の税金に大きく依存しているということがわかりました。(ということは部外者の私にも十分意見を言うことが可能ということもはっきりしましたね(笑)。)

113万円は町のどのような細目ででているのでしょうか?産業振興?観光?ちょっとここは葉山町に聞いてみようと思います。そしてさらに次のことがさらに疑問としてわいてきます。

■常に大幅にオーバーしているイベント費       
この中で、イベント費は実績で102万円となっているのですが、予算はたった20万円で計上されています。これだけみれば、単にかなりずさんな予算だなという印象ですが、そこから2年繰り上がってみていても、毎年、イベント費は必ず20万円が計上され常に4~5倍の費用が最終的に実績としてかかっています。

これはどういうことでしょうか?

ここからは推測ですが、補助金交付申請上見えがかりはイベントのコストを小さく申請し、補助金交付後実際はその金を派手なイベントに投入していたということかと。確か芸術祭のイベントはドネーションで運営されるという話でしたよね。それが実際は、私たちの貴重な税金で運営されていたなんて、信じられますか?

今年はいくらかかったかはわかりません。しかし、来たのは私でも知ってる中川五郎です。確か彼は今大阪からじゃないでしょうか。さすがに、腕利きのプロモーターI氏といえども、ドネーションでギャラというのは無理でしょう。その渡す金の原資の何分の一かは税金ですね。

100万円あればどうでしょう、小学校のトイレをタイル張りにすることができます。ちょっと足せば小学校の補助の先生を一人入れることも可能でしょう。保育園のシーツを全部新しくすることもできます。この町の税金の使い方の優先順位はどうなっているのでしょうか?いい加減にしろといいたい。

■一番問題なのは町
この場合、一番問題なのは町だと思います。私のつたない推測が正しければ、支出が計画と実態が全くずれているこのずさんな収支報告書の内容を精査する責任は町にあるはずなのに、少なくとも3年間全くそれをおこなわず、100万円あまりの補助を垂れ流しているということになります。この責任は、このイベントを推進する議員と町にあります。

ざっとみただけでも、こんな発見ができます。さらに町に質問をしていって、理解を深めたいと思います。
スポンサーサイト
append.gif このエントリーを含むはてなブックマーク | delicious.gif

0件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://ronten.blog38.fc2.com/tb.php/4-62275752
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Extra

プロフィール

かくさん

Author:かくさん
地元に住んで40年以上。最近いろいろ気になることが多く、ここでは地元の動きやおかしな事を書いています。

基本的にはノンポリなのですが、海の家の問題をきっかけに、葉山生活環境を守る会を立ち上げました。微力ではありますが、この問題に限らず、地元の生活環境を脅かす問題につっこんでいこうと思っています。ご連絡・ご相談は下記へお気軽にどうぞ。
tatsujik@gmail.com

最近の記事

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。