FC2ブログ

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
append.gif このエントリーを含むはてなブックマーク | delicious.gif

-件のコメント

[C175]

21時は常識的な時間だと思います。
御用邸の前の海岸で、23時までアルコールを出す店ばかりになっている一色海水浴場はおかしいです。
夜の海の家を知らない人が、この町の中に多いことに驚きます。話をすると、なんで、御用邸前でそんなことやらせてんだって大半の人は言います。そういう人は、21時でもとんでもないって考えの人の方が多いです。お店に来る人は楽しいでしょうが、昔から住んでいる人はやはり、時代の流れだけでは済まされない問題だと思います。
ある人が、新しい文化を入れるときには、地元の人の話を良く聞いてから、それを知った上でうまくやらないといけないと言ってました。その通りだと思います。突然、夜の海の家が増殖している状況は、エコの時代に逆行しているのではないでしょうか?。環境に配慮していると宣伝していても、夜中まで人が起きているのですから、地球環境によろしくないと私は思います。
  • 2009-06-21
  • 投稿者 : タルエル
  • URL
  • 編集

[C176]

オアシスの「サイケ氏」のブログによると、先週15日月曜日に、海の家業者側が町会議員を集めて条例案に「異議あり!」の集会を開いたようです。(海の家業者は海水浴場の受益者ですから、議員が彼等の話を鵜呑みするとは思えませんが)17日水曜日から始まった町議会のこともレポートしています。町長の答弁を小馬鹿にしたような書き方は“如何なものか”…せっかくここ数年、オアシスは静かになって、周辺住民との軋轢も少なくなって、良い店舗になりつつあったのに、サイケ氏のような煽る人がいるようでは、残念ですね。条例案に対するパブコメ募集時も、サイケ氏が煽って、町外からの意見を役場に集めたようですね。サイケ氏は99件集まったと書いてましたが、役場の発表は53件ですから、この差46件分は何でしょう?町民にとって大事な問題を、お祭り騒ぎにしちゃいけないと思います。

「御用邸ー葉山しおさい公園・博物館ー神奈川県立近代美術館」という、文化的に恵まれた施設が続く場所の真裏にある一色海岸が、夏の間だけとはいえ夜間「歓楽街」状態になっている現実は、葉山町がここ数年かけても、どうにも解決できない大きな問題となっています。

葉山町民の誇りである「御用邸」は常時24時間、雨の日も風の日も皇宮警察の方が仁王立ちの姿勢で、白い警棒を手にして、厳重に警備されています。いつでも陛下が静養されることが可能な状態に保たれています。ところがその御用邸の前で、皇宮警察の方がいる場所からわずか5m先で、本業の海の家ではなく、海の家の名を借りた実質「飲み屋」を、夏の間毎晩営業しています。「夜間営業の海の家」に入りきらない人達は、所在なさげにたむろし、持ち込んだ酒を飲んだり、タバコを吸ったり、怪しげな目つきで通行人(住民)を眺めています。海の家の営業時間が深夜に及ぶことで、一色海岸に隣接している住民の生活環境を脅かしているのです。

海水浴場の条例は、葉山町が自力で浄化するために、必要です。無法地帯ではなく、常識的なルールが守られる海岸には、それに相応しい人達が、良い環境やサービス、憩いの場を求めてやってきます。海水浴客、海の家の事業者、住民という、それぞれ異なる背景を持っている人達が、夏休みの二ヶ月ヶ月間という限られた期間に集中して海岸という場所で交錯するのですから、お互いの立場を尊重した上での、かくさんが書かれていらっしゃるような「妥協点」=「安全で快適な葉山海水浴場の確保に関する条例」が求められるのではないでしょうか。海で遊ぶ海水浴客、海水浴客を迎え入れる海の家の方々、そして海岸付近が生活の場である住民、皆が笑顔で過ごせるような葉山町の海岸であって欲しいですね。笑う門には福来たる、海岸条例が出来た後の葉山町にも福来たる、でしょう!葉山町の良心を信じています。
  • 2009-06-22
  • 投稿者 : 灯火
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

-件のトラックバック

トラックバックURL
http://ronten.blog38.fc2.com/tb.php/118-4f4562c8
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

これ以上先のばししてはならない。~海岸条例

海岸条例についていろいろ議論され、パブリックコメントを集めたりという作業が行われて、この6月議会で議論が始まっている。

私は公募委員としてこの問題にタッチしてきた。内部の人間であり、ブログに書くことで議論に影響をさせることは本意ではなかったのでここでは特になにも書かなかった。
しかし、いろいろな場所でパブリックコメントへの意図的な投票勧奨があったり、傍聴者による印象操作があったりすると聞く。また、議員に対して業者が圧力を加えてきたこともわかった。
それでもう自分の考えを書いてもいいだろうと思った。

基本はこれまでここで書いたことと同じだ。


■条例案には基本的に賛成する


条例案には私は基本的に賛成だ。たしかに問題点がないわけでもないし、しかし、この条例の肝は、町(町長)が海水浴場の管理へ責任を持つことを明示したということにある。当たり前といえば当たり前だし、今更なんで?という疑問をもたれる方も多いかもしれない。


■海岸の管理は複雑である。


海岸は複雑な管理状態にある。国、県、町に管轄が分かれており、その隙間隙間に法律のエアポケットが存在する。お互いがお互いの権限に敏感なので、その権限を侵さないように及び腰で何事にも対処する。まずそういう土壌があることを理解いただきたい。

その上でどういうことになったか。
山側の方はご存じないかもしれないが、夏の間、砂浜は歓楽街になっている。夜9時までのライブ、深夜11時までの営業で、人々の喧噪、音楽、タバコの煙、強いアルコール、違法駐車が蔓延することになった。もちろん夜の海を肴に一杯という気持ちは分からなくはない。しかし、それが毎日続く近所の人たちはたまらない。仕事上朝が早い人たちもいる、子供やお年寄りもいる、住宅地に接近した海では当然考慮されなくてはいけないはずだ。そこを考えれば、海の近くの人の生活権を守るために、一定のブレーキを町が責任を持って踏むことができる条例案に反対する理由があるだろうか?

■葉山は御用邸がある町である

このことを私は会議で強く意識した。葉山らしさということはなにか、正直に今持ってわからない部分もあるのだが、ある方が「葉山は御用邸がある町であり、そのことを踏まえて葉山らしい条例を考えるべきだ」と述べられたことで、私は目が覚めた思いがした。
そこには気品が必要だ。御用邸の軒先で、深夜11時まで酒を飲んでというのは明らかに違和感がある。海と山と緑の葉山とはそういうことではないか。

■妥協点としての午後9時である


もちろんこれはある意味、価値観と価値観のぶつかり合いである。10人いれば10人の価値観や考え方がある。なのでその落としどころは考える必要があった。
ただし、その落としどころを探る作業は多数決ではないだろうと思う。

会議の席上、海の家事業者がいった。「多くの人の楽しみを奪うのか」と。しかしそれにはこう返した。「誰かの犠牲の上に楽しみは成り立たない」と。楽しみのために、誰かのささやかな生活や静けさを求める心を踏みにじってはいけない。当たり前ではないか。

私たちは海の家の営業は「海の家」なのであれば、日没終了でいいという考えだ。具体的には片づけも入れて18時である。

しかし、いきなりそれでは営業が成り立たなくなる。それも理がある。そこで妥協点の一つは21時である。これであれば、おそらくは変える際の生活音も許容範囲だろう。近所の人というのなら、続きは家で飲めばよい。人の庭先で騒ぐ必要もなかろう。

私は常識的に考えれば、わかる話だろうと思っている。

スポンサーサイト
append.gif このエントリーを含むはてなブックマーク | delicious.gif

2件のコメント

[C175]

21時は常識的な時間だと思います。
御用邸の前の海岸で、23時までアルコールを出す店ばかりになっている一色海水浴場はおかしいです。
夜の海の家を知らない人が、この町の中に多いことに驚きます。話をすると、なんで、御用邸前でそんなことやらせてんだって大半の人は言います。そういう人は、21時でもとんでもないって考えの人の方が多いです。お店に来る人は楽しいでしょうが、昔から住んでいる人はやはり、時代の流れだけでは済まされない問題だと思います。
ある人が、新しい文化を入れるときには、地元の人の話を良く聞いてから、それを知った上でうまくやらないといけないと言ってました。その通りだと思います。突然、夜の海の家が増殖している状況は、エコの時代に逆行しているのではないでしょうか?。環境に配慮していると宣伝していても、夜中まで人が起きているのですから、地球環境によろしくないと私は思います。
  • 2009-06-21
  • 投稿者 : タルエル
  • URL
  • 編集

[C176]

オアシスの「サイケ氏」のブログによると、先週15日月曜日に、海の家業者側が町会議員を集めて条例案に「異議あり!」の集会を開いたようです。(海の家業者は海水浴場の受益者ですから、議員が彼等の話を鵜呑みするとは思えませんが)17日水曜日から始まった町議会のこともレポートしています。町長の答弁を小馬鹿にしたような書き方は“如何なものか”…せっかくここ数年、オアシスは静かになって、周辺住民との軋轢も少なくなって、良い店舗になりつつあったのに、サイケ氏のような煽る人がいるようでは、残念ですね。条例案に対するパブコメ募集時も、サイケ氏が煽って、町外からの意見を役場に集めたようですね。サイケ氏は99件集まったと書いてましたが、役場の発表は53件ですから、この差46件分は何でしょう?町民にとって大事な問題を、お祭り騒ぎにしちゃいけないと思います。

「御用邸ー葉山しおさい公園・博物館ー神奈川県立近代美術館」という、文化的に恵まれた施設が続く場所の真裏にある一色海岸が、夏の間だけとはいえ夜間「歓楽街」状態になっている現実は、葉山町がここ数年かけても、どうにも解決できない大きな問題となっています。

葉山町民の誇りである「御用邸」は常時24時間、雨の日も風の日も皇宮警察の方が仁王立ちの姿勢で、白い警棒を手にして、厳重に警備されています。いつでも陛下が静養されることが可能な状態に保たれています。ところがその御用邸の前で、皇宮警察の方がいる場所からわずか5m先で、本業の海の家ではなく、海の家の名を借りた実質「飲み屋」を、夏の間毎晩営業しています。「夜間営業の海の家」に入りきらない人達は、所在なさげにたむろし、持ち込んだ酒を飲んだり、タバコを吸ったり、怪しげな目つきで通行人(住民)を眺めています。海の家の営業時間が深夜に及ぶことで、一色海岸に隣接している住民の生活環境を脅かしているのです。

海水浴場の条例は、葉山町が自力で浄化するために、必要です。無法地帯ではなく、常識的なルールが守られる海岸には、それに相応しい人達が、良い環境やサービス、憩いの場を求めてやってきます。海水浴客、海の家の事業者、住民という、それぞれ異なる背景を持っている人達が、夏休みの二ヶ月ヶ月間という限られた期間に集中して海岸という場所で交錯するのですから、お互いの立場を尊重した上での、かくさんが書かれていらっしゃるような「妥協点」=「安全で快適な葉山海水浴場の確保に関する条例」が求められるのではないでしょうか。海で遊ぶ海水浴客、海水浴客を迎え入れる海の家の方々、そして海岸付近が生活の場である住民、皆が笑顔で過ごせるような葉山町の海岸であって欲しいですね。笑う門には福来たる、海岸条例が出来た後の葉山町にも福来たる、でしょう!葉山町の良心を信じています。
  • 2009-06-22
  • 投稿者 : 灯火
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://ronten.blog38.fc2.com/tb.php/118-4f4562c8
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Extra

プロフィール

かくさん

Author:かくさん
地元に住んで40年以上。最近いろいろ気になることが多く、ここでは地元の動きやおかしな事を書いています。

基本的にはノンポリなのですが、海の家の問題をきっかけに、葉山生活環境を守る会を立ち上げました。微力ではありますが、この問題に限らず、地元の生活環境を脅かす問題につっこんでいこうと思っています。ご連絡・ご相談は下記へお気軽にどうぞ。
tatsujik@gmail.com

最近の記事

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。