Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
append.gif このエントリーを含むはてなブックマーク | delicious.gif

町長の送り迎え問題は?

葉山オンラインのほうの掲示板に、町長が公用車を廃止するという公約をあげておきながら、実際には総務課の女性を含む職員を送り迎えをさせていたという事実を、待寺議員が議会で指摘をした話が出てきた。

これをどう思うかということでいろいろ意見が出ている。いろいろな観点で見ることができるのではないか。

■公約の観点

町長の公約の観点で見れば、公用車を廃止するということが公約だったわけで、この点から言えば公約には背いているというということはそうだろう。

■公用車の廃止の目的の観点

公用車の廃止は全国の自治体で進んでいる。待機時間が長い黒塗りを権威の象徴のように持つのは、金銭的にも無駄が多い。実際、公用車はオークションで売却されたり、運転手を配置転換をするなどしている。ただし、公務員は現業でも仕事がなくなったとはいえ、解雇はできず、配置転換をするしかない。そうなれば、人件費は実は減らない。
とはいえ、運転士の待機時間は長く、車両だけでも他の自治体の例でも年間400万ほど維持経費がかかるとされている。金銭的にはかなり大きな負担であるということは否めない。

■自治体首長の安全確保の観点

一方、長崎市長の殺害などの例を見ると、首長に対する暴力や襲撃はありうるリスクだ。特に通勤や公用車から乗り降りする際に多く見られるようだ。また、自分で運転という例もあるのだが、高齢の首長の場合は、事故を起こす可能性もあり、必ずしも自分で運転することは得策ではないと考える。身の安全を考えるのであれば、警察に警護を依頼することも可能であるし、そのほうが適切な場合もある。

■総務課員の送迎という観点

総務課の職員の送り迎えについては、役割として明記されていれば、特に問題はない。実際に総務課職員がしている自治体もあるようだ。一般論として、運転士、運転技師は総務課に配属される現業職員になるので、問題はないと考える。ボディガードであればまずいだろう。

--------------------------------------------

どうなのかなと私は思うのだが、結論を言うと、私は警護に関してはきちんと警察に依頼すべきで、そういう脅しや暴力があったことこそ、公にすべきだろう。そのことを踏まえて、女性を含む職員では対応できないのは待寺議員の言うとおりだと思う。そして同時に町長は公人としての立場を考えれば、公用車に乗ったほうがいいと思うのだ。

その公用車と運転手だが、ハイヤー(タクシーでもいい)会社と運転手、車両ともに契約することで対応したほうが安上がりである。町長、副町長(不在だけど)、教育長の三役は明確なスケジュールで移動している。その場合はその車を利用すればよい。これだけで費用は半分に抑えられる。今のように、町の車は残しておいて、部長連中が乗るというのは言語道断。部長はバスで十分だろう。

全体として、待寺議員の今回の指摘は的を得ていると思う。

しかしなあ、ビデオを見て、海岸条例はどうでもいいというような言い方はないのではないか。そもそも待寺議員本人が委員長の委員会で、この陳情は全員一致で趣旨了承になったのだ。彼はこのことをすっかり忘れてしまっているかのようだ。なんでなんだろうなあと思う。そこになにか「力」や「思惑」が加わっているようだ。

どうか議員は、広い視点でやってもらいたいと思う。またエキサイトしすぎると、どうも言葉が過ぎる嫌いがある。ジェントルにやってください。

スポンサーサイト
append.gif このエントリーを含むはてなブックマーク | delicious.gif

Extra

プロフィール

かくさん

Author:かくさん
地元に住んで40年以上。最近いろいろ気になることが多く、ここでは地元の動きやおかしな事を書いています。

基本的にはノンポリなのですが、海の家の問題をきっかけに、葉山生活環境を守る会を立ち上げました。微力ではありますが、この問題に限らず、地元の生活環境を脅かす問題につっこんでいこうと思っています。ご連絡・ご相談は下記へお気軽にどうぞ。
tatsujik@gmail.com

最近の記事

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。